スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

元同僚も退職したと連絡があり、複雑な気持ちです。

退職するとき、元同僚にがんばるよう本心で伝え、

それが退職となれば残念な気持ちとなるはずです。

しかし、退職して「生き方を考える」機会を得た自分にとって、

元同僚も同じ機会を得たのだと思う気持ちが強く、

むしろ喜ばしく感じます。

続きを読む

スポンサーサイト
2015-03-25 : 退職・転職活動 : コメント : 0 :
Pagetop

制服等の貸与品返却と、菓子箱を持って挨拶に行ってきました。

 退職に至った経緯を考えると、

 一部の上層部に対して、怒りがこみ上げます。

 しかし、これまで10数年に渡りお世話になったことも事実。

 ともに汗をかき、苦労した同僚もいる会社。

 返却物を菓子箱を持参して挨拶に行ってきました。

続きを読む

2015-03-09 : 退職・転職活動 : コメント : 1 :
Pagetop

元気のない妻の様子が続いていたことから、ようやく妻の思いを聞き出すことが出来ました。

 最愛の妻は不安から様々なことを思い、

 それでも口に出さずに溜め込んでいたことがようやくわかりました。

 申し訳ないと同時に、妻の気遣いに感謝の気持ちが耐えません。

続きを読む

2015-03-01 : 読書・学んだこと : コメント : 0 :
Pagetop

任意継続と国民健康保険、どっちが得かは市町村役場等で事前に確認することが確実です。

 退職するとそれまで利用していた健康保険の手続きに迫られます。

 任意継続か国民健康保険を選ぶとき、

 国民健康保険は、思わぬ高額となる場合もあるため、

 予め役所にて金額を確認し、得となる方を早期に確認しておくことが重要です。

続きを読む

2015-02-26 : 退職・転職活動 : コメント : 0 :
Pagetop

退職時の業務引継ぎは法的な義務より、退職金が人質となっていることが問題です。

 退職時における業務の引継ぎは、

 社会通念上行わなければなりません。

 しかし、後任が来るまで引継ぎを出来ない。

 有給休暇のために出来ない。

 というスケジュール的な問題の責は会社に属すものですが、

 引継ぎが不十分なことに退職金が減額される可能性には注意が必要です。

続きを読む

2015-02-24 : 退職・転職活動 : コメント : 0 :
Pagetop

貸与品の返却準備に制服のクリーニングに行ってきました。

 私が退職する会社では、

 会社から預かった貸与品の返却について、

 最終給与の支払い手続きが行われるまでに返却する規則があります。

 返却が遅れた場合、

 最終給与は振込みではなく手渡しとなります。

続きを読む

2015-02-19 : 退職・転職活動 : コメント : 0 :
Pagetop

行き違いが発生しないように書面にて退職届を提出しました。

 退職日について、

 健康保険の保険料の問題と、

 僅かばかりですが有給休暇の取得を考え、

 月末退職にしました。

続きを読む

2015-02-18 : 退職・転職活動 : コメント : 0 :
Pagetop

退職日は現実的に可能な中で損とならない日を選択します。

 退職では有給休暇を消化して、

 次の仕事を探す転職活動を実施したいというのが本音です。

 しかし、退職する会社は有給休暇消化について非常に批判的。

 正当な権利であっても全てを消化することは難しい現実があります。

続きを読む

2015-02-16 : 退職・転職活動 : コメント : 0 :
Pagetop

退職する辞め方は様々。波風を立てても仕方ない話であり、円滑に退職する方法を選択します。

 世の中で退職させてくれないという企業もあるそうですが、

 幸か不幸かそのような風潮はなく、

 同僚に対して迷惑をかけない辞め方で進めることにしました。

続きを読む

2015-02-13 : 退職・転職活動 : コメント : 0 :
Pagetop

不満が口から漏れてみっともないため、退職することにしました。

 今更潔いという言葉は適当ではありませんが、

 無理に在籍して職探しを続けていても、

 やる気なんぞ到底なく、

 言葉の端々に不満が垣間見えて情けない自分を曝しています。

 不満が漏れるのであれば、喋るのやめるか、

 不満が出せないようにするしかありません。その選択肢の一つに退職がありました。

続きを読む

2015-02-12 : 退職・転職活動 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

幸せ探しの男 リク

Author:幸せ探しの男 リク
30代半ばまで仕事人間として生きたサラリーマンです。早い時期からそれなりに出世もありました。しかし、左遷により退職となったことを機にそれまでの生活を振り返り、幸せになる生き方について模索することにしました。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。