スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

退職時の業務引継ぎは法的な義務より、退職金が人質となっていることが問題です。

 退職時における業務の引継ぎは、

 社会通念上行わなければなりません。

 しかし、後任が来るまで引継ぎを出来ない。

 有給休暇のために出来ない。

 というスケジュール的な問題の責は会社に属すものですが、

 引継ぎが不十分なことに退職金が減額される可能性には注意が必要です。

 引継ぎ実施にあたり、

 後任の人員補充がなされない。

 日程が足りないことについて、

 退職届を会社が定める猶予期間をもって提出している場合おいては、

 その責任は会社の運営に起因するものであり、

 退職する社員に責任を問うのはお門違いです。

 しかし、

 退職金の算定を会社がおこなう場合において、

 規則上退職に関する引継ぎがなされないことで減額できる旨を定めてある場合、

 退職金が人質にとられていると考えた方が良いかも知れません。

 とりあえず引き継ぎは実施する。

 出来ない場合には引継書を残して問題がない。

 という形は整えておくほうが無難ですね。


 作成ページ:退職手続き>退職時の引継ぎ
 http://rec30.biz/taihiki.html

関連記事

2015-02-24 : 退職・転職活動 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

幸せ探しの男 リク

Author:幸せ探しの男 リク
30代半ばまで仕事人間として生きたサラリーマンです。早い時期からそれなりに出世もありました。しかし、左遷により退職となったことを機にそれまでの生活を振り返り、幸せになる生き方について模索することにしました。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。