スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

任意継続と国民健康保険、どっちが得かは市町村役場等で事前に確認することが確実です。

 退職するとそれまで利用していた健康保険の手続きに迫られます。

 任意継続か国民健康保険を選ぶとき、

 国民健康保険は、思わぬ高額となる場合もあるため、

 予め役所にて金額を確認し、得となる方を早期に確認しておくことが重要です。

 家族の扶養家族として健康保険に加入できないとき、

 任意継続か国民健康保険を選ぶ必要に迫られます。

 任意継続すると健康保険料は在職時に2倍の額となり、

 とても高額となるイメージです。

 しかし、任意継続の保険料は金額に上限があります。

 国民健康保険は、

 前年所得をベースに算定するため、任意継続に負けず劣らず高額。

 失業して収入がなくなる者に優しい制度にならないものかとぼやきたくなります。

 実際の保険料は住まいの地域や各種条件により違います。

 任意継続では、

 申込みに期限があるため早期に確認しておくことが重要です。

 確認には、役所に行って確認することが一番確実です。

 私の場合は扶養家族の分の保険料が加算されるため、

 明らかに任意継続が得であることがはっきりしました。


 作成ページ:退職手続き > 退職時の返却物と受取品
 > 退職後の健康保険料の確認
 http://rec30.biz/taihennini.html

関連記事

2015-02-26 : 退職・転職活動 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

幸せ探しの男 リク

Author:幸せ探しの男 リク
30代半ばまで仕事人間として生きたサラリーマンです。早い時期からそれなりに出世もありました。しかし、左遷により退職となったことを機にそれまでの生活を振り返り、幸せになる生き方について模索することにしました。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。